昭和動物病院

山梨県昭和町の動物病院 TEL:055-275-1288

ホーム > アレルギーと食事について

アレルギーと食事について

アレルギー性皮膚炎

アレルギーの治療

最近人のアレルギーも増えていますが、動物のアレルギーも確実に増えているような気がします。特に幼少時の食物アレルギーから始まって、アトピー性皮膚炎などを併発してくる子が多くなったように思います。

今は、アレルギーの治療もさまざまで、実に多くの方法があります。また、その方法は、対症療法が主ですが、ひとつに絞らず多角的にいくつかの方法を併せて行うことが多いです。

アレルギーってどんな風に起こるの?

アレルギーの症状は、実にさまざまです。アナフィラキシーに始まり、皮膚炎、消化器症状、泌尿器症状、呼吸器症状、神経症状にまで至ると考えられています。

皮膚では、ご存知のとおり強烈な痒みをおこしその他の臓器では、主に浮腫を起こします。

アレルギーの発症パターンは、二段階に分けられ最初の15分程度におこる即時型と6~48時間に起こる遅発型があります。

また、アレルギー反応が起これば、即時型に続いて遅発型が起こることが多いことを覚えておいてください。
即時型は、肥満細胞によるヒスタミンの放出によるもので、遅発型は、好酸球やリンパ球からのロイコトリエンの放出によるものです。

アレルギーの出方

アレルギーに関与する細胞にはこんなものがあります。

食事性アレルギーについて

最近、診療していて思うのですが、アレルギーの子が多いです。
アレルギーは、いろいろな症状を現しますが、よくあるのは消化器症状・(下痢がおおいです。)皮膚症状(あちこちの皮膚が赤くなる。痒くなる。)呼吸器症状などです。
特に、食事性のアレルギーは幼犬期におこる。特に離乳のころは、腸管免疫が未熟であり、食物抗原がアレルゲンとして認識されやすい。そのために、犬の食物アレルギーのほとんどは幼犬期から生じるのである。

食事について

特に効果が高く、いつも病院でお出しする食事性アレルギー用療法食は以下の4種類です。

ご飯粒

粒の大きさの違いは表の通りです。低分子プロテインは御覧の通り粒が大きめですので、小さい粒しか食べない子ですと注意が必要です。

よりアレルギー反応が出にくいのはアミノプロテクトケア、アミノペプチドフォーミュラーの二種です。
この二つは反応が出やすいたんぱく質をペプチド・アミノ酸などの分子レベルにまで分解し、糖質としてそれぞれポテト・えんどう豆・を使用しております。
また調整してありながらも、嗜好性を高めるためフードの表面にチキンフレーバーなどを噴霧してあるものもございますので、私たちが嗅いでも良い香りに感じます。

ネット診察予約

ホームページから診察予約ができるようになりました。下記ボタンからご利用ください。

昭和動物病院Blog

皮膚疾患、心不全、眼科・・・
各疾患の症例、治療法、治療経過をご紹介しています。

アトピー性皮膚炎の減感作療法について、治療前、治療後の写真を交えてご紹介しています。

最新記事(新着5件)

最新記事


ページのトップへ戻る