昭和動物病院

山梨県昭和町の動物病院 TEL:055-275-1288

ホーム > 猫のページ > 猫食物アレルギー

猫食物アレルギー

→ 目のまわり、パッドのうら、口のまわり、肛門、腰背部

食物アレルギーは幼齢期におこります。離乳の頃は腸管免疫が未熟であり、食物抗原がアレルゲンとして認識しやすいので抗体形成が生じアレルギーが生じることが多くなります。

だいたいの例において、1才未満で発症する個体が40%になります。また猫では高い割合で心因性の脱毛症が食物アレルギーの結果おこることが知られています。

食物アレルギーをくり返しおこしてきた個体では、生体バリアー機能の低下から環境抗原に対する抗体を形成してしまい、アトピー性皮膚炎も併発してくることも多いです(犬も同様)

ネット診察予約

ホームページから診察予約ができるようになりました。下記ボタンからご利用ください。

昭和動物病院Blog

皮膚疾患、心不全、眼科・・・
各疾患の症例、治療法、治療経過をご紹介しています。

アトピー性皮膚炎の減感作療法について、治療前、治療後の写真を交えてご紹介しています。

最新記事(新着5件)

最新記事


ページのトップへ戻る