昭和動物病院

山梨県昭和町の動物病院 TEL:055-275-1288

ホーム > 猫のページ > ネコのトリミング

ネコのトリミング

ネコさんは、通常シャンプーしたり、ドライヤーで乾かすことができません。
物音に敏感だったり、未知のことをするのに怖さを抱くためです。
でも、長毛種だったりすると、毛玉ができてどうしようもなくなったり、蒸れて皮膚炎が生じたりします。
こうなる前に、シャンプートリミングをお勧めします。

病院でのトリミングは、こんなふうに行います。
まず、簡単な身体検査を行います。このとき、高齢であったり、肥満であったり、持病があれば血液検査やレントゲン検査などのスクリーニング検査をおこない、鎮静がかけられるかどうか検査で確認します。

次に、鎮静をかけます。
ほとんどの子で血管から鎮静剤を注射します。
血管からの場合効果は直ぐ現れ、その場でふにゃんとなります。

この子の場合は、長毛種で毛玉がすごかったので、ライオンカット&ソックスにしました。洗う前に、バリカンで毛をカットしていきます。

ふにゃんとなているので、寝かせてバリカンをいれます。呼吸は、しっかりしています。

あらかたバリカンが終わりました。
黒一色に見えても肌は、なんとんなく模様があるもんなんですね。

シャンプー・ドライヤーも終了しました。まだ、少し鎮静が残っていますが、頭も上がってきました。シャンプー・ドライヤーが終わった時点で、覚醒を促す注射をします。 歩き回るまで、確認して処置は終了です。
こんなふうにして、ネコさんのシャンプーは行います。
鎮静をすることによって、動物に無理な緊張やストレスをかけずに処置を行うことができます。

ネット診察予約

ホームページから診察予約ができるようになりました。下記ボタンからご利用ください。

昭和動物病院Blog

皮膚疾患、心不全、眼科・・・
各疾患の症例、治療法、治療経過をご紹介しています。

アトピー性皮膚炎の減感作療法について、治療前、治療後の写真を交えてご紹介しています。

最新記事(新着5件)

最新記事


ページのトップへ戻る